指導者紹介

高山道場代表 都竹基己 参段

【経 歴】 武道を始めたいと考えていたところ、星雲塾のポスターが目に留まり
2005年に入門。
その後塾長のもとで稽古を積み重ね、2013年参段を取得。
国税局査察部統括国税査察官・資料調査課一課長を経て、税務署長にて退職。現在は、下呂市にて税理士事務所を開業。
 
【一言】
「自分の吸う息、吐く息、止める息の強弱、長短と、すみやかな重心の移動とがバランスがとれ、自分の体がリズムに乗るかを体得することです。その時こそ、体が軽く、楽に動き、しかも技の効果が大きく、疲労感も少ないことがわかり、合気道の素晴らしさを自覚する。」
 養神館の創始者、塩田剛三は、このように言っております。
まさに、「理にかなった体の使い方を理合(りあい)といい、その理合に命を吹き込む力の使い方のことを、呼吸力と呼ぶ。」ということです。
私も、これを習得するため稽古をしておりますが、まだまだ、千里の道の一歩です。少しずつ、自分のための精進。一緒に「鍛錬」しませんか。
 

高山道場顧問 佐藤藍 五段 師範代

【経 歴】 2歳より合気道に親しみ、2007年より星雲塾少年部の指導に携わる。
指導の傍ら、現在も週3回自分自身の稽古に励む。
小学校での教員歴9年。
2015年4月、飛翔クラブを開設。
父は養神館合気道星雲塾塾長。
養神館合気道指導者資格所有。
 
【受賞歴】
第45回 全日本合気道総合演武大会女子基本技の部優勝
第51回 同大会自由技の部敢闘演武賞
第57回 同大会ファミリーの部優秀演武賞
第58回 同大会競技演武女子黒帯の部第2位
第59回 同大会競技演武女子黒帯の部第2位、団体の部優秀演武賞
第60回 同大会団体の部優秀演武賞
第61回より競技枠を引退し、指導者枠で出場
 

 

ホームへ / ページの先頭へ