合気道とは

養神館合気道とは

養神館合気道について

合気道とは、相手の力を利用して技をかけるため、体の大きさや力の強さにあまり関係がなく、老若男女問わずどなたでも取り組むことができる武道です。養神館初代宗家塩田剛三は18歳のときに合気道開祖植芝盛平先生に師事し、8年間内弟子として修行に励みました。昭和30年6月、経済界のバッグアップを受け、「養神館」を創立。現在は全国各地に支部・団体があり、警視庁機動隊や女性警察官の正課科目にもなっています。また初代宗家は実戦の逸話も多く、他の武道界にも広くその名を知られており、故人となった現在でも人気が高く、初代宗家に憧れて入門する人が後を絶ちません。


星雲塾とは

星雲塾について

 
 
星雲塾は、1984年に名古屋市内に設立した養神館道場です。現在は名古屋市内、三重県下五ヶ所に道場があり、塾長、副塾長をはじめ、指導員が各道場で指導にあたっています。未就学児から年配の方まで、約160名の道場生が稽古に励んでいます。


高山道場とは

高山道場について

 
 
星雲塾六ヶ所目の道場として、2017年10月に高山市に開設します。塾長のもと、長年稽古を積み重ねた有段者が指導にあたります。


ホームへ / ページの先頭へ